お知らせ

2017.07.26 かべいろブログ

検索ワード「おしゃれ 壁紙」が意味するもの

「壁紙」と単純に検索をかけると、まあ圧倒的に出てくるのはまず

「PC壁紙」「スマホ壁紙」の類。

つまりデスクトップ画面の壁紙か、スマホの待受画面の壁紙が常に羅列される。

今の時代を反映してるというか、まあそうだろうなという感じ。

 

で次に、「壁紙」と入れるとすぐ出てくるのが「おしゃれ」というワード。

これが後に違うサイトでも確認したのだが、圧倒的に

「壁紙 おしゃれ」「おしゃれ 壁紙」が強いのだ。

 

これが何を意味するのか。

 

つまり、人はまず壁紙に対し興味がないというか、具体的に「こういう壁紙にしたい!」

という明確なイメージを持ってる人はほとんどいないということ。

壁紙自体、リフォームか新築を控えてる人、その必要がある人でなければまず

そのことについて考えすらしないものだ。張り替える必要性が出てきて初めて、

壁紙について考える。言わば完全に空気的な存在(笑)。

 

でも、リフォームや新築を進めるにあたり決めなければいけないのが壁紙。

そして大体が「じゃあ決めておいてください」と業者から渡される分厚い壁紙のカタログ。

何百とある壁紙から選ぶにあたり、大体の人は見ているうちにだんだんよくわからなくなり、

最後の方には「もう白系でいいや〜」と面倒臭くなる、というパターンが多いのだろう(笑)。

 

images

 

で、そんな人は次に、ネットで検索をかける。

壁紙を使っておしゃれに空間を仕立てている事例や、渡されたカタログ以外に

おしゃれな壁紙はないだろうか、というのを探すのだ。

 

それだけ、部屋の最大面積を有する、4面+天井という大きな要素である壁紙を決めるのは

なかなか大変かつ難しい作業なのだ。普段から考えていて、普段から様々な空間の壁紙を

見てる人なら引き出しも多々あるだろうが、ほとんどの人は前述のように突然きまった

新築リフォームの壁紙選びをさせられる。

でも、結果的に白系を選ぶ人がほとんど、というのも日本人の面白い(つまらない?)特徴。

壁紙の実に8割以上が白、白系の販売で占められているのである。

 

 

その残り2割の人が求める「おしゃれな壁紙」を生み出すべく、今後も精進していきたい。

 

 

 

新着デザイン

more