京友禅壁紙プロジェクト

古来より伝わってきた日本、そして世界の名画を壁紙として製作可能な「世界の名画特集」いよいよスタート。
色褪せることのない本物の重みと歴史を、あなたのインテリアへ。
(オリジナル壁紙・化粧シート・ガラス装飾フィルムに展開可能)

尾形光琳(1685年-1716年7月20日)

江戸時代中期を代表する画家のひとりである。 主に京都の富裕な町衆を顧客とし、王朝時代の古典を学びつつ、明快で装飾的な作品を残した。
その非凡な意匠感覚は「光琳模様」という言葉を生み、現代に至るまで日本の絵画、工芸、意匠などに与えた影響は大きい。
画風は大和絵風を基調にしつつ、晩年には水墨画の作品もある。

俵屋宗雪(生没年不詳)

江戸時代初期の琳派の画家である。俵屋宗達の後継者で、その弟とも弟子とも言われるが定かでない。
宗達存命中は、工房を代表する画工の一人だったと考えられる。宗達没後は、工房印「伊年」を継承し自作に用いたため、宗達と混同される場合が多い。
寛永末年頃金沢に下り,前田家の御用絵師として活躍。

葛飾北斎(1760年10月31日?-1849年5月10日)

江戸時代中期-後期の浮世絵師。勝川春章に入門し、勝川春朗と号して役者絵を発表。のち狩野(かのう)派、住吉派、琳派、さらに洋風銅版画の画法をとりいれ独自の画風を確立。70年間にわたり旺盛な作画活動をつづけ、画域は風景・花鳥・美人・戯画とひろく、錦絵、版本挿絵、肉筆画にすぐれた作品をのこした。奇行で知られ、生涯に93回も引っ越しをした。各地から望む富士を描いた「富嶽三十六景」が有名。
ゴッホやモネら海外の画家にも影響を与えたとされる。衣食などに頓着せず、散らかった部屋で作画ざんまいの暮らしだったといわれている。

横山大観(1868年11月2日-1958年2月26日)

明治-昭和時代の日本画家。名は秀麿。岡倉天心・橋本雅邦に学ぶ。天心の日本美術院創立に参加、また日本美術院を再興し中心作家として活躍。
明治・大正・昭和の三代にわたり第一線で日本画を革新し続けた。
文展審査員・帝室技芸員・帝国美術院会員。朝日文化賞受賞。文化功労者。文化勲章受章。

酒井抱一(1761年8月1日-1829年1月4日)

江戸後期の画家・俳人。本名忠因(ただなお)、抱一は号。姫路城主酒井忠以(ただざね)の弟で、江戸生れ。37歳のとき西本願寺で出家、権大僧都となったがすぐ隠退し、下谷根岸に雨華庵を営んで書画・俳諧に親しんだ。絵は狩野派をはじめ諸派に学んだのち、尾形光琳に私淑。琳派のもつ日本的な装飾画の中に繊細な感覚をもりこんだ画風で、代表作は《夏秋草図屏風》。

作者不明

特集コンテンツ 一覧に戻る

人気ランキング